トップ  > 企業理念

★告知★
着物ファンよ新世界に集まれ♡

来たる11月18日【新世界をモダン着物の聖地に】の一環として第7回新世界着物DAYを開催いたします。
着物好きの皆さん、ぜひご参加ください。
詳しくは【着物DAY】のタブをクリック❣

また、回を追うごとに反省点なども出てきます。
それらを改善し、参加者の皆様にお伝えするため、【最新情報❣】のページを追加しました。
集合時間や集合場所が、変更になる場合がありますので、参加される前に確認をお願いいたします。


 

企業理念

一般社団法人現代着物協会(Modern Kimono Association: MoKA)設立趣意

設立:平成29年(2017年)11月15日

設立趣意

我が国では着物(和服)が古くから日常の衣服として着用されてきた。しかし、機能性に優れた洋服に明治維新以降、主役の座を取って代わられ、今では、昔ながらの手作業の伝統技術、しきたりを守る伝統文化として位置づけられてしまっている。先人の努力と研鑽により、他国に類を見ない素晴らしい美術工芸品としての着物が生み出されている一方、着物世代の高齢化、価格の高騰もあり、日常的に着用する機会が減り、年々、着物人口が減少し、しかもその現象に歯止めが掛からなくなってきている。
かかる状況を打破し、着物人口を大きくするためには、着物を洋服と同様に日常的に着ることができるようにする次のような手立てが必要である。

(1)簡単に着ることができるような仕立て・加工

(2)色柄を現代風にアレンジした着物

(3)伝統的な着付けと異なる着付け方

(4)体の不自由な方、高齢者に配慮した簡略型の着物

(5)洋服とのコラボレーション

(6)着物の周辺の履物や小物の現代化

本協会でいう「現代着物」とは、上記の手立ての1つを含む着物を言う。なお、特に伝統的な着物と明確に区分けできなければならないものではない。
これらの手立てを講じることにより、

(1)現代着物を通じ、文化及び芸術の振興及び保護を目的とする事業

(2)現代着物を通じ、高齢者の福祉の増進を目的とする事業

(3)現代着物を通じ、学術及び科学技術の振興を目的とする事業

(4)現代着物を通じ、国際貢献に寄与することを目的とする事業

の達成を図る。

具体的な事業

・各種の現代着物の紹介

・各種の現代着物の着方・着付け方の説明と講習(有料)

・現代着物及び小物の研究開発

・現代着物を使った社会貢献の方法の探求(文化芸術・福祉等)

・各種の現代着物の世界的普及

・現代着物を使ったイベントの企画実行(婚活、祭、インバウンド等)

・伝統的な着物及びその伝統的技法の保護と育成

2017年11月吉日

代表理事 小野 宏積 (株式会社ツインズ・コーポレーション代表取締役社長)

 

 

メニュー

一般社団法人現代着物協会

〒 540-0011

大阪府大阪市中央区農人橋
1-1-7-902 
㈱ツインズ・コーポレーション内

TEL:050-3601-2440

FAX:06-6940-4957